車の点検の新常識!エーミングとは?作業内容や気になる金額を解説します

エーミング

2020年4月に施行された改正「道路運送車両法」で、国土交通省が特定整備と定義づけた「エーミング」。センサーやカメラなど、電子制御装置がほとんどの自動車についている昨今、エーミングは欠かせない点検の一つとなりました。今回は、エーミングの作業内容や気になる金額について解説します。

エーミングとは

エーミングとは自動車の電子制御装置が正しく作動するかを点検し、調整する作業のことです。自動ブレーキシステムやクルーズコントロール、各種センサーやカメラなど、近年の自動車には、なんらかの電子制御装置が付いています。

特に、自動ブレーキシステムやクルーズコントロールなどの車の走行に大きな影響のあるものについては、誤作動が起きると大きな事故につながります。そこで、国土交通省ではエーミングを2020年4月に法律で特定整備と定義づけました。

エーミングが必要な安全走行機能「ASV」は以下のような機能になります。これらの機能がご自身の車についていたらエーミングが必要になります。

【ASVの例】

  • 車線逸脱警報装置
  • 自動ブレーキシステム
  • ふらつき注意喚起装置
  • 後方・側方接近車両注意喚起装置
  • 車間距離制御装置(クルーズコントロール)

エーミングを行うタイミング

車の安全走行のためにやらなければならないエーミングですが、いつ、どのタイミングで行う検査なのでしょうか。

現在のエーミングのタイミング

エーミングは、センサーやカメラに関連する部品の取替などを行ったときに行います。センサーやカメラユニットは、フロントガラスやバンパーに設置されていることが多いのです。そのため、飛び石でのフロントガラスの交換や、衝突でのバンパー交換などの際に、エーミングが必要となります。

2024年10月からは車検時に実施

従来の車検の検査方法では昨今の電子制御装置の点検に対応できないことから、新しい車検「OBD車検」が導入されます。OBDとは、車載式故障診断装置のことです。実は、2021年10月からの車検では、すでに「技術情報管理手数料」として一律400円で徴収されています。

ただし、実際にOBD車検が適用されるのは、国産車は2024年10月から、輸入車は2025年10月からになります。OBD車検になると、エーミングを行わない場合は車検に通らなくなります。

エーミングの作業内容とは?

エーミングで具体的に実施する作業は以下のとおりです。

  1. ターゲットと呼ばれる板を整備場に設置し、車両とターゲットとの中心・水平・高さを測定します
  2. 専用のツールを車両と接続し、カメラやセンサーの調整を行います
  3. テスト走行を実施します

 

エーミングの作業のために、国土交通省では「電子制御装置整備の整備主任者等資格取得講習」を実施しています。メカニックは講習を受講し、「電子制御装置整備の整備主任者等」などを取得します。

検査環境に必要なもの

エーミングを行うには以下のような環境と工具が必要になります。

検査環境

エーミングは精度を求められるため、以下のような環境が必要です。

  • 水平が取れること
  • 風などの影響を受けないこと(室内)
  • 充分な広さがあること
  • 周囲や路面に反射物がないこと

必要な工具

特殊な検査になるため、以下のようなエーミングのための工具を用意する必要があります。

  • メーカーや車種に合ったターゲットとリフレクター
  • 外部診断ツール
  • 水準器、角度計
  • 各自動車メーカーの整備書
    この他に、エーミング前にはアライメントを調整することが推奨されているため、アライメント測定器も必要となります。

エーミングにかかる費用は?

エーミングにかかる費用は、車種や交換した部品、修理を依頼した工場によって変わります。基本料金として10,000円以上設定している工場もあります。現在のところ、検査費用としては6,000~20,000円が相場となっており、交換した部品の違いによる作業工数の差で費用に差が出ます。

エーミングを伴う部品の交換や修理作業が発生したときは、作業依頼の前に数社で見積もりを取って確認するほうが良いでしょう。

エーミングができる整備工場は?

比較的新しい検査であるエーミングは、検査環境を整える必要があることから、現状では、実施できる工場が限られています。また、工場によっては、メーカーや車種によって対応できないこともあります。多くのディーラーでは他社メーカーに対応できないことが多いのです。

ただし、修理などをお願いした工場でエーミングができないとしても、工場が別の工場に依頼することがほとんどなので、心配する必要はないでしょう。ただし、費用は若干高くなる恐れがあります。

まとめ

エーミングは、高性能な自動車が普及することで、必要な検査となった検査だといえます。国産車は、2024年10月から車検の項目にも含まれますが、それまでにも修理などが発生した際にエーミングをしておかないと、誤作動による事故が起きないとも限りません。

「久土地自動車工業」では、修理や車検の際にエーミングが必要かどうか判断し、きちんとお見積りし、説明させていただきます。そのほかの修理などについても丁寧に対応いたしますので、まずはお気軽にお問合せください。