板金塗装の手順を確認しよう

 

車をぶつけたり、擦ってしまったりすると、キズやヘコミができてしまいますが、そのままでは見た目も良くないので、修理に出す人がほとんどです。

ヘコミや擦り傷は板金塗装で修繕することが多いですが、その作業内容は詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか。
板金塗装は、その名前の通り、板金と塗装の2つの作業でダメージを受けたボディをできる限り元の状態に近づけていきます。
まず、ダメージを受けた周辺の塗料を削り落とし板金では専用の工具を使って、叩く、引き出すなどを行いヘコミを元に戻していきます。
板金が終了したら、パテを塗り、ペーパーでパテを削りながら成形していきます。
その後はサフェーサーと呼ばれる鼠色の塗料を塗り、さらに薄くパテを塗り、さらにサフェーサーを塗るなどの下地処理が行われます。
その後はいよいよ塗装となりますが、違和感なくボディになじませるためにも調色は重要です。
色合わせが終わったら塗料を塗り、艶を出すためのクリアーを塗り、仕上げ磨きをして完成です。